雨漏りを放置してはいけません

main-img

今の季節は雨が降ったり雪が降ったりと常に雨漏りが気になる季節になりました。


なんか天井にシミがあるなと思っていたらポタポタと水滴が落ちてきもまだ落ちてくる量が少ないから修理しなくても大丈夫かなと思っていると家がダメになって大変な事態になってしまします。では、雨漏りは一体どこからきてるのか疑問になりますよね。


一般的には、屋根からですが外壁だったりサッシ等を経由して柱や壁などが濡れてきてしまうのです。そのまま放置しておくと、腐ってしまって強度も弱くなりちょっとした地震にも耐えられなくなり大切な家が崩壊してしまうのです。

また、放置しておくとなんでも食べてしまう「シロアリ」を発生させてしまうのです。この「シロアリ」は湿気を好み、雨漏りをしている所は木材が腐食してしまうためシロアリの餌になってしまうため余計繁殖をさせてしまうのです。

シロアリによって家が弱くなりやはり地震にも耐えられなくなってしまいます。



雨漏りによってカビの菌が増えてしまい、喘息を引き起こしたりアレルギーになったりと健康にも良くはないのです。

もし、雨漏りに気が付いたら直ぐに修理をする事をお勧めしますが時には繰り返してしまうこともあります。



その度に、修理をしてもらうのもお金もかかりストレスになっていきます。
そうならないように修理をしてもらうときは、よく調べたり周りの人から評判を聞いてしっかりした情報を得てから修理を頼んだ方が良いです。



生活の実態

subpage1

一般的に、人は雨漏りに対して、どのようなイメージを持っているでしょうか。屋根に雨が降ると天井から床にぽたぽたと滴が落ちて、バケツなどの容器で受け止めるといったものかもしれません。...

more

難しくない生活

subpage2

現代の建築業者は技量が高くなっている上に、様々な規制が厳しくなっているので、以前よりもミスによって雨漏りが発生する機会は大幅に減ってきています。しかし、皆無というわけではなく、新築住宅の受け渡しが済んだ直後に雨漏りが見受けられたり、リフォーム直後に発見したという場合は施工ミスが影響しています。...

more

1から学ぶ生活

subpage3

長年住み続けた家だと年季も入っており雨漏りすることが多々あります。他にも時間が経過すれば自宅のどこかしらに問題が出てきます。...

more

生活の特徴

subpage4

家の内側の壁に水で濡れたシミのようなものが見えたときは、雨漏りの可能性を考えておいたほうがいいです。このような問題は案外簡単に発生するので、よく気をつけて対応しておかないとトラブルになります。...

more